2019年8月GALLERIA AT 3700Xスペック

ドスパラさんの新型GeForce GTX1660Tiと
AMD CPU搭載シリーズのタワーモデル
GALLERIA AT 3700X さんです。
スペックは(2019年8月21日時点)のモデルになっています。

AMDさんの新型Ryzen第3世代CPU AMD Ryzen7&AMD B350 チップセットに
最新のWindows 10をインストールしたパソコンさんですね(@0@)

AMDさんが仕掛けたRyzenシリーズの猛烈な攻撃が
ついにインテルさんとの長い抗争の歴史において

優劣が逆転するほどの進化を遂げた
新型Ryzen第3世代
まずはスペック面をみていきましょう


ドスパラ スペック
GALLERIA AT 3700X

[Windows 10 搭載]

パソコン下取りサービス【-1,000円(+税)】


新型第3世代CPU AMD Ryzen 7 3700X搭載
8コア16スレッド
高速DDR4 メモリー(PC4-21300)を搭載
新型高性能グラフィックスNVIDIA GeForce GTX1660Ti搭載
AMD B350 チップセット採用
500GB SSD採用
USB3.0ポート搭載



■AMD Ryzen 7 3700X (3.6GHz-4.4GHz/8コア/16スレッド)
■NVIDIA GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6
(2スロット使用/DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x1)
■8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
■500GB SSD
■2TB HDD
■光学ドライブ無し
■AMD B350 チップセット ATXマザーボード
■500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
■Windows 10 Home 64bit のインストール
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。
※マウス・キーボードは別売りです。

GALLERIA AT 3700X 現在価格

採用されているタワーケースはドスパラさん専用の
GALLERIA専用KTケースブラック(ATX)を使ってます。(@0@)

CPUやグラボだけじゃなく
マザーボードの冷却性にまで気を使った
エアフロー設計にストレージ追加も十分な拡張性は
あるねナイスロマン設計です。ちなみにカスタマイズでケースの変更も可です。


オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX) 本体詳細
■外形寸法 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mm
■ベイ 5インチベイ×5 3.5インチベイ×0 3.5シャドウベイ×5
■ファン取付箇所 オプションで搭載可能(※)
前面:120mm 背面:120mm 上面:120mm×2 サイド:120mm×2
■前面端子 USB3.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力、
SD/microSDカードリーダー

スペック・構成

CPUにはAMDのRyzen 7
8コア16スレッド
新型AMD Ryzen 7 3700Xを採用していて
(ドスパラさんCPU性能表)

インストールOSが64bit版windows10なので
搭載されているメモリ8GBもフルに活用できます。

ストレージ環境は
ハードディスクよりも高速な500GBのSSDを積んでいて
2.0TBのハードディスクも完備してます( ;∀;)

グラフィックボードには次世代のTuringアーキテクチャ採用
GeForce GTX16シリーズの
新型NVIDIA GeForce GTX1660Tiを搭載してます。
(ドスパラさんグラフィックボード性能表)

AMD B350 チップセット採用で
価格は抑えつつも最新のインタフェースや
拡張スロットも備えていて
オーバークロックやCrossFireにも対応していたりと
価格以上のナイススペックな出来でしょう(,,#゚Д゚):∴;

新型AMD Ryzen 7 3700X&新型GeForce GTX1660Tiと
AMD B350 チップセットの最新構成に
SSD&HDDのツインドライブ環境の組み合わせで
価格は抑えつつも快適パソコン生活のどすいすいロマンでやがります( ;∀;)

快適度




第2世代のZen+アーキテクチャから
Zen2アーキティクチャ採用へ
一新された第3世代Ryzenシリーズ

インテルさんと本気の殴り合いが出来る性能で登場した
Ryzenシリーズから進化した第3世代の

パゥワーアップ具合はここ10年間では
見られなかったAMDさんに完全軍配が上がるくらい

素晴らしいパンプアップでやがりますね(,,#゚Д゚):∴;

インテルさんのシングルコア単体の強さに対して
マルチコアの強さで対抗してきたAMDさんの
Ryzenシリーズの戦いぶりは( ;∀;)まさに

インテル軍の要する部隊は数こそは少数だが
そのひとりひとりが精鋭クラスの
猛者で構成された少数精鋭部隊に対し

AMD軍の要する部隊はひとりひとりの実力は
インテル軍に及ばずながら構成人数の多さ
その手数による優位性で

AMD軍が優勢に戦況を有利に運んでいた昨今

今回AMD軍の投入した新型第3世代Ryzenシリーズは
手数の多さにのみあらず(,,#゚Д゚):∴;

部隊構成員ひとりひとりの強さがインテル軍の
精鋭達にも負けない精鋭揃いなわけで(@0@)

弱点であったシングルコアの弱さを克服したことで
よりマルチコアの強さも高まり
インテル第9世代のCPUに打ち勝つほどの
パゥワーアップ具合はロマンの塊でやがりますね。

第3世代でもSenseMI”テクノロジー採用で
消費電力の最適化やクロックブーストの
よりきめ細やかな性能制御とナイスロマンです

8コア16スレッドの複数コアなので複数同時作業もなんのその
新型AMD Ryzen 7 3700Xレベルだと

ベンチマークスコア上の数値をみても
すでにインテル勢の第9世代CPU上位陣どころか
第2世代AMD Ryzen Threadripperを超えてくる
出来に仕上がっているので

WEBのブラウジングから動画の編集やら作業やら
ゲームで遊んでも十分に快適だし
普段使いではその性能を使いきれない程の
オーバースペックマンさんで

マルチコアの環境が生きる作業では
そのパワーを生かしより一層快適なので
長く使っていけるナイスCPUさんでしょう( ;∀;)

さらにOSはSSDにインストールされているから
パソコンの起動からその他もろもろと
高速化されるので
速くてナイスロマンでやがります( ;∀;)

2.0TBのハードディスクも搭載したツインドライブ環境だから
容量の心配もナッティンナッティンですね
(SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)とは?)

電源には80PLUS BRONZE認証を採用していて
のちによりハイエンドなグラフィックボード追加予定が
ないなら十分余裕なスペックです。

上位認証の電源に変更することで省エネ効果や
冷却性&静音性も高まるので
あとでハイエンドな
グラフィックボードを追加する予定があるなら
上位電源に変更しとくのもありありですね。

もし必要な電源容量がわからない時は
ドスパラさんのサイトに
便利なお勧め電源容量が計算できるページが
用意されているので利用するべし(@0@)

電源容量計算機ページ

光学ドライブは未搭載なので必要な方は
カスタマイズで
光学ドライブの追加を忘れないようにしましょう(@0@)

グラフィックボード性能




グラフィックボードには次世代のTuringアーキテクチャ採用で
GeForce GTX16シリーズの
新型NVIDIA GeForce GTX1660Tiを搭載してます。

GeForce RTX2000シリーズは
リアルタイムレイトレーシングやDLSSに対応した

表現の幅を広げた新しいゲーム環境において力を発揮する
RTコアとTensorコアを搭載してるけど

このGeForce GTX1660Tiは未搭載になっていて
その分価格はお求めやすくなったグラボですね。

リアルタイムレイトレーシングやDLSS未対応ゲームも
多いので現況のゲーム環境において
進化した次世代Turingアーキテクチャ採用で

旧世代よりも強い新型グラボが欲しいひとにとって
かゆいとこに手が届く
ナイスな新型グラボでしょう(@0@)

単純な性能面は最新の環境に対して
旧世代のGeForce GTX1060を余裕で追い越し
GeForce GTX1070を超えるスペックなので

色んなゲームの推奨動作環境を余裕でクリアできるので
予算を抑えつつ最新の次世代アーキテクチャ採用モデルを

購入するのにもっていこいの
新型GeForce GTX1660Tiさんです。

総評




※24インチのモニターの設置イメージです

液晶モニターの購入も一緒に考えている方は
カスタマイズのおすすめ周辺機器の液晶達から選ぶと
液晶モニターさんも単品購入よりも少しお得に追加出来るので
覚えておきましょう。

カスタマイズで用意された液晶モニターがピンとこない時は
パーツ・周辺機器ページから好みの液晶を探しましょう。
(ドスパラ液晶ディスプレイ・モニター通販ページ)

|д゚)パソコン用の液晶モニターには
スピーカーが付いてないものも多く
別途スピーカーの
購入も必要になるのでお忘れなく(@0@)

BTOショップのデスクトップパソコンは基本的に
無線LAN機能は標準装備じゃないので
必要であれば無線LAN子機の追加や

Microsoft Office搭載モデルじゃなければ
Officeソフトの追加も必要になるので
その辺も要チェックや(@0@)

タワーモデルのゲーミングパソコンなので
拡張性は大事でしょ(,,#゚Д゚):∴;とか
なるべく価格を抑えつつも
第3世代AMD 新型Ryzen7を採用していて

快適なパソコン生活のみならず
ゲームも遊べるハイスペックパソコンを
探してる方向けの

GALLERIA AT 3700X さんですね(@0@)

AMDさんの第2世代Ryzen7&新型GeForce GTX1660Ti積んでるから
超快適なパソコン生活に色んなゲームも遊んでみよっに
ちょうど良いナイスガイですね。

この10年AMDさんVSインテルさんの
CPU市場の王者争いで見てきたなかでも

ここまでAMDさんの強烈な一撃はみられなかった
ばりの第3世代新型AMD Ryzen 7 3700Xの
ロマン具合は無駄に欲しス( ;∀;)

GALLERIA ATさんは現在このモデルを含めて
2つのモデルが販売されているので
必要なモデルを選択しましょう。

第3世代Ryzen7良いデスね~( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽぽ~ち~んとどうぞ↓↓\(@0@)
ブログランキング・にほんブログ村へ
GALLERIA AT 3700X 現在価格


ゲームの世界を変える144Hzのリフレッシュレート

・関連記事 CPUの性能比較が分かりやすいナイスなサイトとは?
・関連記事 グラフィックボードの性能表ならこのサイトとは?
・関連記事 2万円の中古ノートパソコンは使えるのか?