G-GEAR neo GX7A-B181/XT 価格

 

ツクモさんのミドルタワーケースを採用した
ゲーミングPCのG-GEAR neoシリーズ
G-GEAR neo GX7A-B181/XT さんです。
スペックは(2019年7月8日時点)のモデルになっています。

AMDさんのRyzen第2世代CPU AMD Ryzen7&AMD X470 チップセットに
最新のWindows 10をインストールしたパソコンさんですね(@0@)

まずはスペック面をみていきましょう


ツクモ スペック
G-GEAR neo GX7A-B181/XT
[Windows 10 搭載]

【キャンペーン】通常価格より10,000円(税別)引き適応済
1%ポイント進呈

パソコン下取りサービス【-1,000円】


第2世代CPU AMD Ryzen 7 2700X搭載
8コア16スレッド
高速DDR4 メモリー(PC4-21300)を搭載
新型超高性能グラフィックスNVIDIA GeForce RTX2080搭載
AMD X470 チップセット採用
240GB SSD搭載
USB3.1ポート搭載

■AMD RYZEN 7 2700X
(8コア 16スレッド、定格3.7GHz Boost時最大4.3GHz)
■NVIDIA GeForce RTX 2080 / 8GB
(HDMI 、DisplayPort x3 、USB Type-C)
■16GB ( 8GB x2枚) DDR4-2666/PC4-21300 SDRAM
■240GB (WD GREEN SSD / SATA 6Gbps)
■1TB SATA6Gbps対応(東芝製 DT01ABA100V)
■DVDスーパーマルチドライブ
■AMD X470 チップセット ATXマザーボード
(ASUS製 STRIX X470F GAMING)
■【80PLUS BRONZE認証】 CWT製 GPK650S (最大700W、定格650W)
■Windows 10 Home (64ビット版)
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。
※マウス・キーボードは別売りです。

G-GEAR neo GX7A-B181/XT 現在価格


G-GEAR neo ミドルタワーケース 本体詳細
■外形寸法:235(W)x512(D)x548(H)mm (本体のみ、突起物含まず)

スペック・構成

CPUにはAMDのRyzen 7
8コア16スレッド
AMD Ryzen 7 2700Xを採用していて
(ツクモさんCPU特集)
インストールOSが64bit版windows10なので
搭載されているメモリ16GBもフルに活用できます。

ストレージ環境は
ハードディスクよりも高速な240GBのSSDを積んでいて
1.0TBのハードディスクも完備してます( ;∀;)

グラフィックボードには次世代のTuringアーキテクチャ採用
GeForce RTX2000シリーズの
新型NVIDIA GeForce RTX2080を搭載してます。
(ツクモさんグラフィックボード性能表)
AMD X470 チップセット採用で
最新のインタフェースや拡張スロットも備えていて
オーバークロックやCrossFireにも対応していたり

第2世代Ryzenの進化したPrecision Boost 2やXFR2も
サポートしてるし
価格以上のナイススペックな出来でしょう(,,#゚Д゚):∴;

AMD Ryzen 7 2700X&新型GeForce RTX2080に
AMD X470 チップセットの最新構成と
SSD&HDDのツインドライブ環境の組み合わせで
快適パソコン生活のどすいすいロマンでやがります( ;∀;)

期間限定で超大幅に割り引かれてるのもナイスですね。

快適度

ZenアーキテクチャからZen+アーキティクチャ採用で
順当に性能アップを果たした第2世代Ryzenシリーズ

インテルさんと殴り合いが出来る性能で登場した
Ryzenシリーズから進化した第2世代の

パゥワーアップ具合はさらなるマルチコアの強さだけじゃなく
ゲームに使ってもインテルCPUと比べて遜色ないくらいの

素晴らしいパンプアップでやがりますね(,,#゚Д゚):∴;

マルチコアの強さだけじゃないパゥワーも
鍛えてきたAMDさんの本気の追撃に惚れそうですやん( ;∀;)

第2世代でもSenseMI”テクノロジー採用で
消費電力の最適化やクロックブーストの
よりきめ細やかな性能制御とナイスロマンです

8コア16スレッドの複数コアなので複数同時作業もなんのその
AMD Ryzen 7 2700Xレベルだと

WEBのブラウジングから動画の編集や
ゲームで遊んでも余裕で快適だし
普段使いではその性能を使いきれない程の
オーバースペックマンさんで

マルチコアの環境が生きる作業では
そのパワーを生かしより一層ど快適環境なので
長く使っていけるナイスCPUさんでしょう( ;∀;)
AMD Ryzen 7 2700Xナイスロマンでやがりますね。

さらにOSはSSDにインストールされているから
パソコンの起動からその他もろもろと
高速化されるので
速くてナイスロマンでやがります( ;∀;)

1.0TBのハードディスクも搭載したツインドライブ環境だから
容量の心配もナッティンナッティンですね

静音性や冷却性にこだわる方は
搭載されるCPU冷却FANを変更することで
冷却性&静音性がだいぶアップするので
ありありですね(@0@)

電源には80PLUS BRONZE認証を採用していて
のちにハイエンドなグラフィックボード追加予定が
ないなら十分余裕なスペックです。

上位認証の電源に変更することで省エネ効果や
冷却性&静音性も高まるので
あとでハイエンドな
グラフィックボードを追加する予定があるなら
上位電源に変更しとくのもありありでしょう。

もし必要な電源容量がわからない時は
ドスパラさんのサイトに
便利なお勧め電源容量が計算できるページが
用意されているので利用するべし(@0@)

電源容量計算機ページ

光学ドライブにはDVDスーパーマルチドライブが採用されてるので
ブルーレイ環境も必要な方は
カスタマイズ忘れに気をつけましょう(@0@))

グラフィックボード性能

グラフィックボードには次世代のTuringアーキテクチャ採用で
GeForce RTX2000シリーズの
新型NVIDIA GeForce RTX2080を搭載してます。

Turingアーキテクチャ採用で
最新の環境において大幅に
性能がアップに進化でやがりますね(,,#゚Д゚):∴;

単純な性能面では旧シリーズのハイエンドモデル
GeForce GTX1080 Tiを超えるほどの出来ですね( ;∀;)

どのゲームの推奨動作環境も余裕で
クリアできるほどスペックが高いので

重量級タイトルでもどすいすいのゲーム環境を求める方向けの
ハイエンドモデルなGeForce RTX2080でやがります。

Turingアーキテクチャの新たな目玉として
RTコアとTensorコアが追加されたおかげで

リアルタイムレイトレーシングといったゲームの
表現を一段階上の次元に引き上げるほどの性能向上とか

AI処理を取り入れることで従来のGeForce GTXと比べて
GeForce RTXシリーズは大幅に性能がアップなので

リアルタイムレイトレーシングやDLSS対応のゲームなら
性能フル発揮で今まで以上のゲーム環境でやがりますね

ロマン詰まった超ハイエンドモデルの
新型GeForce RTX2080さんですね(@0@)

総評


なるべく価格を抑えつつも
第2世代AMD Ryzen7を採用していている
ハイスペックパソコンを探してる方向けの

G-GEAR neo GX7A-B181/XT さんですね(@0@)

BTOショップのデスクトップパソコンは基本的に
Microsoft Office搭載モデルじゃなければ
Officeソフトの追加も必要になるので
その辺も要チェックや(@0@)

AMDさんの第2世代Ryzen7&新型GeForce RTX2080積んでるから
超ど快適なパソコン生活に次世代のゲーム環境も
超快適どすいすいのロマン野郎でやがりますね( ;∀;) 欲しス

マウスとキーボードはオプションなので
手元にない方は付け忘れに気をつけましょう(@0@)

新型GeForce RTX2080良いデスね~( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽぽ~ち~んとどうぞ↓↓\(@0@)
ブログランキング・にほんブログ村へ
G-GEAR neo GX7A-B181/XT 現在価格

・関連記事 CPUの性能比較が分かりやすいナイスなサイトとは?
・関連記事 グラフィックボードの性能表ならこのサイトとは?
・関連記事 2万円の中古ノートパソコンは使えるのか?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA