ドスパラ販売終了モデル

2015年5月モデルRaytrek LC-E Windows 7 Core i7-5960Xスペック

ドスパラ スペック
Raytrek LC-E Windows 7 Core i7-5960X




■インテル Core i7-5960X Extreme Edition
(8コア/定格3.00GHz/TB時最大3.50GHz/L3キャッシュ20MB/HT対応)
■NVIDIA Quadro K620 2GB
(2画面対応/DVI x1, DisplayPort x1)
■16GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/4GBx4/4チャネル)
■2TB HDD (SATA3)
■DVDスーパーマルチドライブ
■インテル X99 チップセット ATXマザーボード
■Silverstone SST-ST75F-P (750W 静音電源 / 80PLUS SILVER)
■Windows 7 Professional 64bit のインストール【無料アップグレード中】
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Raytrek LC-E Windows 7 Core i7-5960X 現在価格




SR598M ブラック(ATX)ケース本体詳細

■本体サイズ207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm


ドスパラさんのクリエイター向けの

NVIDIA Quadro 搭載タワーパソコン

Raytrek LC-E Windows 7 Core i7-5960X 搭載モデルさんです。


快適度


CPUにはインテル第4世代のHaswell-E

8コア16スレッドのインテル Core i7-5960X Extreme Editionを採用しているので

WEBのブラウジングから動画の再生まで、

作業に使ってもゲームで遊んでも

どがつく程の快適具合です( ;∀;)

むしろ使いきれない程の性能が溢れ出てやがりますね(@0@)

第3世代よりナイス進化した消費電力に

性能アップやDDR4のメモリ採用と進化具合がナイスすぎです(@0@)

搭載メモリは16GBに期間限定でハードディスクの容量が2.0TBと

困らないほどハイスペックな環境になってやがります(@0@)


グラフィック性能


グラフィックボードにはゲームで遊んだりするのに

ハイパワーを発揮するNVIDIA GeForceシリーズではなく

クリエイター向けの作業に威力を発揮する

NVIDIA QuadroシリーズのNVIDIA Quadro K620を搭載

Maxwellアーキティクチャ採用なので

従来品よりもより高性能に省電力で

嫌な作業もすいすいお片付けですね(´ω`#)

(ドスパラさんグラフィックボード性能表)


総評


パソコンでスルスルお仕事したいんじゃ(´ω`#)とか

まだまだ使えるWindows 7がいいんじゃい(,,#゚Д゚):∴;とか

価格を抑えつつクリエイター向けのハイスペックパソコンを

探してるならオススメな

Raytrek LC-E Windows 7 Core i7-5960X さんですね(@0@)



・関連記事 CPUの性能比較が分かりやすいナイスなサイトとは?
・関連記事 グラフィックボードの性能表ならこのサイトとは?

タイトルとURLをコピーしました