mouse SL7-G Windows 11 i7-12700F GeForce 1650

マウスさんのコンパクトスリムケースに
GeForce GTX1650採用した
デスクトップパソコンmouse SL シリーズの
mouse SL7-G Windows 11 i7-12700F GeForce 1650 さんです。
スペックは(2022年9月13日時点)のモデルになっています。

第12世代CPUの新型Alder Lake&新型インテル B660 チップセットに
最新のWindows 11をインストールしたパソコンさんですね(@0@)

ライバルAMDさんのRyzen第4世代に追いつけ追い越せと
登場したCPU業界にもついにやってきたハイブリッドの波
新型インテル第12世代のCPUさん

まずはスペック面をみていきましょう


マウス スペック
mouse SL7-G Windows 11 i7-12700F
[Windows 11 搭載]

新型第12世代CPU インテル Core i7-12700F プロセッサー 搭載
12コア + ハイパースレッディング・テクノロジーで論理 20 スレッドの処理が可能
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
Turbo Boost Maxテクノロジー3.0
Intel® Thread Director
Intel Dynamic Memory Boost Technology
高速DDR4 メモリー(PC4-25600)を搭載
高性能グラフィックスNVIDIA GeForce 1650搭載
新型インテル B660 チップセット採用
512GB SSD採用
USB3.1ポート搭載

■CPU インテル(R) Core(TM) i7-12700F プロセッサー
( 12コア / 8 P-cores / 4 E-cores / 20スレッド / TB時最大4.90GHz / 25MB )
■グラボ NVIDIA GeForce GTX 1650 / 4GB
( DisplayPort×1 / HDMI×1 / DVI-D×1 )
■メモリ 16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-25600 / DDR4-3200 ) / デュアルチャネル ]
■メモリ 512GB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )
■光学ドライブ 光学ドライブなし
■マザーボード インテル(R) B660 チップセット
( Micro ATX / SATA 6Gbps 対応ポート×4 / M.2スロット×2 )
■無線 インテル(R) Wi-Fi 6 AX200
( IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 最大2.4Gbps対応 ※連続160MHz帯域 Wi-Fi 6対応機器が必要 )
+ Bluetooth 5 内蔵
■電源 400W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )
■OS Windows 11 Home 64ビット
■カードリーダー カードリーダー ( SD / SDHC / SDXC 対応 )
■マウス USB光学式スクロールマウス
■キーボード USB日本語キーボード (102キー)
■保障 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

※ディスプレイ・スピーカー

mouse SL7-G Windows 11 i7-12700F 現在価格


■重量(本体) 約6.4kg
■本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm)約100×390×365
■拡張ストレージベイ
2.5型 シャドウ×2(空き2)
3.5型 シャドウ×2(空き 2)

マウスのインテル&AMD CPU最新モデル搭載パソコン


マウスコンピューターの最新キャンペーン&最新おすすめモデル
■マウスコンピューターで開催中のキャンペーン
■新世代のグラフィックボード搭載モデル
■最新のインテル&AMD搭載スリムパソコン
■最新のOS搭載スリムパソコン

マウスコンピューターさんではパソコンを買うときに
大幅割引のキャンペーンが随時開催されているので
割引対象パソコンを狙うとお得に買い物できますね。

パソコンのCPUなら大体1年単位
グラフィックボードなら大体2~3年単位で
次世代モデルが登場するので
常に最新モデルの要チェックありありですね(,,#゚Д゚):∴;

スペック・構成


CPUにはインテル第12世代のAlder Lake
12コア20スレッド
新型インテル Core i7-12700F プロセッサーを採用していて
(パソコンの頭脳CPUとは?)
インストールOSが64bit版windows11なので
搭載されているメモリ16GBもフルに活用できます。

CPUのコア調整をしてくれるIntel Thread Directorも
OSがwindows11なので
インテル第12世代Alder Lakeの性能もフル発揮でやがります(@0@)

ストレージ環境は
ハードディスクよりも高速な512GBのSSDを搭載

ハードディスクもカスタマイズ変更可なので
もし予算に余裕があるならHDDを追加してSSDとの
ツインドライブ環境にすれば
さらに容量不足の心配もなくなるのでありありですね(@0@)

グラフィックボードには次世代のTuringアーキテクチャ採用
GeForce GTX16シリーズの
NVIDIA GeForce GTX1650を搭載してます。
(パソコンの映像担当グラフィックボードとは?)
価格は抑えつつも新型インテル B660 チップセット採用で
従来よりも拡張スロット増だったり
より高性能なDDR4 メモリーやUSB3.2 Gen2ポートや

Optaneテクノロジーといった
最新の環境にも対応していたりと
価格以上のナイススペックな出来でしょう(,,#゚Д゚):∴;

新型インテル Core i7-12700F プロセッサー&GeForce GTX1650と
新型インテル B660 チップセットの最新構成で
快適パソコン生活のすいすいロマンでやがります( ;∀;)

快適度

デスクトップインテル第12世代CPU20220510
デスクトップインテル第12世代CPU20220510下位
ベンチマーク数値参照元PassMark Software

AMDさんのRyzen第4世代という強力な
ライバルに対して

インテル第11世代のRocket Lake-Sで
なんとか対抗してきたインテルさんの次なる一手

第12世代の新型Alder Lakeさんの
パゥワーアップ具合は
インテルのこの10年間の中でも
屈指のパゥワーアップ具合(@0@)やればできる感がすごい

第11世代ではシングルスレッドの性能をアップさせる手法で
ライバルAMDさんの誇るスーパーマルチコア軍団に
挑んだわけですが一歩及ばず。

でも今回は細かいの大好きなインテルさんらしい
ハイブリッドコアな新しい攻め方できてますね。

Pコア(性能重視)とEコア(効率重視)の
異なる性質のコア2種類を組み合わせることで

ライバルAMDさんの第4世代Ryzenとガチンコで
戦える性能に仕上がってやがります。

今までは攻撃兵を鍛える事で性能を引き上げてきたけど
今回は攻撃部隊だけじゃなく補給部隊も追加したことで
より攻撃的に性能がアップでやがりますね(,,#゚Д゚):∴;

シングルスレッドの強さをより強化したPコア(性能重視)に
Eコア(効率重視)追加でマルチスレッドの強さも兼ねた

第12世代の新型Alder Lakeの進化具合は
この先の進化の道筋まで垣間見えるレベルの
ロマン進化でやがります( ;∀;)

このインテル Core i7-12700F プロセッサーさんは
従来の第11世代と比べると単純なスコア面では
PassMarkのベンチマークで52%くらいの性能アップ具合

旧インテル Core i7-11700F プロセッサーの
8コア16スレッドから進化して

Pコアが8コア16スレッド+Eコアが4コア4スレッドの
計12コア20スレッドのハイブリッドマルチコアなので

Pコア単体のパワーはもちろんEコア加わった
マルチスレッド性能も
インテル Core i7-12700F プロセッサーさんは

最新環境においても凄まじい性能がアップな
最新CPUになってやがりますね(,,#゚Д゚):∴;

F表記付きのCPUとCore i7-12700との大きな違いは
CPU内臓グラフィックを搭載していないことですが
グラフィックボードを積んでいるから
問題はナッティングでしょう。

使用環境に合わせて発動する
ターボ・ブースト・テクノロジー2.0や
Turbo Boost Maxテクノロジー3.0で
動作周波数の引き上げ機能や

Intel Dynamic Memory Boost Technologyで
メモリのオーバークロック機能も備えて

12コア20スレッドのマルチコアなので
複数同時作業もなんのその
インテル Core i7-12700F プロセッサーレベルだと

WEBのブラウジングから動画の再生まで、
重量級のゲームから動画編集や配信といった
最新の環境においても

オーバースペックマンさんなので
長く使っていけるナイスCPUさんでしょう( ;∀;)

ライバルAMD Ryzen第4世代さんとも
ガチンコで渡り合えるインテルCore i7の
12コア20スレッドとロマンあるマルチ環境でやがります。

OSはSSDにインストールされているから
パソコンの起動からその他もろもろと
高速化されるので
速くてナイスロマンでやがります( ;∀;)
(SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)とは?)

電源には80PLUS BRONZE認証を採用していて
十分余裕なスペックですね。

もし必要な電源容量がわからない時は
ドスパラさんのサイトに
便利なお勧め電源容量が計算できるページが
用意されているので利用するべし(@0@)

電源容量計算機ページ

光学ドライブは付いてないので
必要な方はカスタマイズで追加し忘れないようにしましょう

グラフィックボード性能

デスクトップ用ミドルグラボ20220206
ベンチマーク数値参照元PassMark Software

グラフィックボードには次世代のTuringアーキテクチャ採用で
GeForce GTX16シリーズの
GeForce GTX1650を搭載してます。

旧シリーズのGeForce(R) GTX1050に置き換わる感じで
やってきたローエンドクラスのモデルですが

大幅に進化したその性能はこれまでの
ローエンドクラスの性能を一気に底上げできる
ナイスパゥワーアップ具合ですね。

単純に性能面のパワーはGeForce GTX1050Tiと
GeForce GTX1060 3GBの中間くらいだから

ローエンドクラスのグラボながら
色んなゲームの推奨動作環境をクリア出来るし
重量級のスペックを要求するゲーム以外なら
快適なネットゲーム生活がおくれますね。

今回のローエンドクラスの最新モデルさんは
旧ローエンドクラスの性能を一新した感ありありの
GeForce GTX1650さんありますねロマンが(,,#゚Д゚):∴;

総評


液晶モニターの購入も一緒に考えている方は
カスタマイズの液晶達から選び
忘れないようにしましょう

|д゚)パソコン用の液晶モニターには
スピーカーが付いてないものも多いのでお忘れなく(@0@)

BTOショップのデスクトップパソコンは基本的に
無線LAN機能は標準装備じゃないけど
このモデルは無線LAN装備してるのはナイスですね。

Microsoft Office搭載モデルじゃなければ
Officeソフトは付属していないので
その辺も要チェックや(@0@)

予算を抑えつつインテル第12世代の新型Alder Lake採用で
すいすいスリムパソコンを探してる方向けの

mouse SL7-G Windows 11 i7-12700F GeForce 1650 さんですね(@0@)

Core i7プロセッサーも12コア20スレッドに進化したおかげで
さらに超快適パソコン生活でやがります(,,#゚Д゚):∴;

インテル第11世代ではAMDさんの
マルチコア性能にまでは追いつけなかったけど

今回の第12世代の新型Alder Lakeの出来は
AMDのRyzen第4世代にも
負けず劣らずレベルまで持ってこれてるのは

インテルさん意地の第12世代凄まじき仕上がり(,,#゚Д゚):∴;
この両者の戦いユーザーにとって大歓迎時代ですね(@0@)

mouse SL7-Gさんは
現在このモデルを含めて
2つのモデルが販売されているので
必要なモデルを選択しましょう。

Core(TM) i7良いね(@0@)
と思った方は
↓↓ぽぽ~ち~んとどうぞ↓↓\(@0@)
ブログランキング・にほんブログ村へ
mouse SL7-G Windows 11 i7-12700F 現在価格

・関連記事 CPUの性能比較が分かりやすいナイスなサイトとは?
・関連記事 グラフィックボードの性能表ならこのサイトとは?
・関連記事 2万円の中古ノートパソコンは使えるのか?

マウス開催中キャンペーン


mouse SL7-G Windows 11 i7-12700F

■CPU インテル(R) Core(TM) i7-12700F プロセッサー
( 12コア / 8 P-cores / 4 E-cores / 20スレッド / TB時最大4.90GHz / 25MB )
■グラボ NVIDIA GeForce GTX 1650 / 4GB
( DisplayPort×1 / HDMI×1 / DVI-D×1 )
■メモリ 16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-25600 / DDR4-3200 ) / デュアルチャネル ]
■メモリ 512GB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )
■光学ドライブ 光学ドライブなし
■マザーボード インテル(R) B660 チップセット
( Micro ATX / SATA 6Gbps 対応ポート×4 / M.2スロット×2 )
■無線 インテル(R) Wi-Fi 6 AX200
( IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 最大2.4Gbps対応 ※連続160MHz帯域 Wi-Fi 6対応機器が必要 )
+ Bluetooth 5 内蔵
■電源 400W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )
■OS Windows 11 Home 64ビット
■カードリーダー カードリーダー ( SD / SDHC / SDXC 対応 )
■マウス USB光学式スクロールマウス
■キーボード USB日本語キーボード (102キー)
■保障 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

注)マウスさんは各パーツ変更に関して、基本的に
お届け日数は変わらないようです。


https://www.mouse-jp.co.jp/store/campaign/tradein_cp.aspx
パソコン購入時に下取り申込を行うと

購入価格から1100円割引が適用されるので
不要なパソコンがあったら活用した方がお得です。


■最大48回まで 金利手数料 0円詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/campaign/shopping_loan.aspx

■キャンペーン期間
2022年6月21日(火)~ 2022年8月31日(水)

■最大48回 金利手数料0円 対象のご注文
マウスコンピューターWebサイト、電話通販、
ダイレクトショップにて購入のG-Tune/DAIV 製品(パソコン本体)
(mouse、MousePro製品は最大36回払いまで金利手数料0円となります)

2022年8月31日(水)までショッピングローンが
成立した際に最大48回払いまで金利手数料を

マウスコンピューターが負担してくれる
キャンペーンが開催中ですね


■マウス新製品詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea5070000/?intid=bnb00082d220317

マウスコンピューター各ブランドPCの
新製品ラインナップが更新されていて

発売日順に閲覧できるようにもできるから
マウスコンピューター最新モデルを
探すのにちょうど良い感じの特集ページですね。(@0@)


■マウスはじめてのゲーム配信・ゲーム実況にオススメのG-Tuneパソコン(PC)詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea1020900/

マウスコンピューターで販売中の
ゲーミングパソコンの中からゲーム実況

ゲーム配信に向いたおすすめのパソコン特集やってますね。
以前は配信といった個人での情報発信としての

メディアは一部のみでしたが
今やそれもハードルが下がって誰でも配信できる環境へと
進化しておる(,,#゚Д゚):∴;

アメリカじゃあすでに雇用が余るくらいに
個人活動が活発な時代に突入してるくらいだから
日本でも個人活動バンバンザイな時代ですね(@0@)

興味あるひとは覗くのありありの特集でしょう


■マウステレワークおすすめPC特集ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea1040500/

テレワーク環境に合わせたテレワーク向けPCの
ラインナップが特集されているので

どのパソコンを購入したらいいか
迷った時にどうぞ適な感じの特集ページですね。(@0@)


■MousePro 10周年記念特別モデル販売中詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea3042006/

法人・個人事業主向けのMouseProシリーズも
販売開始から10年経つんですね。

あれ?おかしいね?10年とか( ;∀;)
時が立つのは恐ろしくはやいね( ;∀;)

ワタシハ10年のあいだなにしてたっけ?くらい
はやいじゃんよっ(,,#゚Д゚):∴;

そんな感じで10周年記念特別モデルとか
テレワーク推進な世の中でちょうどいい感じのが

個人でも購入できるように特集組まれてるので

テレワーク用のパソコンどれを購入したらいいか
迷った時にどうぞ適な感じのページなので
要チェックですね。(@0@)


■マウスコンピューター 秋売り尽くしセール第1弾詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea5020000/
■期間限定
2022/8/31(水)~ 2022/9/14 (水)10:59まで

■期間限定で大幅値引き
最大75,000円 OFF

2022年9月14日(水)の10:59まで
値下げ幅最大75000円の秋売り尽くしセール第1弾セール開催中で

デスクトップPC、ノートPC、ゲーミングPC
クリエイター向けPCとそれぞれのモデルから

大幅値下げのモデルが販売されているので
パソコン購入前に覗き忘れないようにしときましょう。


■EIZOモニター互換性検証済DAIVパソコン(PC)モニターセットモデル販売詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea3032012/

■パソコン本体と液晶モニターセットモデルの販売
DAIVシリーズとの互換性検証済み

■EIZO社製モニター
〇ビジネス向け液晶モニター「FlexScan」シリーズ
〇クリエイター向け液晶モニター「ColorEdge」シリーズ

マウスコンピューターのDAIVシリーズと
EIZO社製モニターの
互換性検証済みセットモデルが出てますね。

ビジネス向けの「FlexScan」シリーズは
目が疲れにくい液晶になってたり

クリエイター向けの「ColorEdge」シリーズは
色の表現に優れた液晶を採用してたりなので

パソコン購入と共に液晶モニター選びを省きたいひとには
ちょうど良いセットモデルでやがります(@0@)


■10万円未満(送料込)コスパに優れた人気パソコン特集詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea1010500/

10万円以内で購入できるマウスさん厳選の
特集ページが組まれてますね。

ピックアップされてるノートパソコンに関しては
ネットや動画を見たり事務作業的に使う
普段使いにおいては普通に使えるレベルで

デスクトップパソコンは
さらに普段使いにおいて余裕のパソコン生活レベル

予算を抑えてパソコン購入考えてるなら
覗いておいて損はない感じです。


■Xbox Game Pass for PCバンドルPC詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea3025008/

■キャンペーン内容
対象バンドルPCの購入で
「Xbox Game Pass for PC」が30日間無料

対象製品の購入で100タイトル以上のPCゲームが利用できる
「Xbox Game Pass for PC」が30日間無料で遊べる
バンドルキャンペーン開催中ですね。

Xbox Game Pass for PCの登録にはクレジットカードが
必要になるけどお試しで利用を考えてるかたは
ゲーミングPC購入時のカスタマイズ・お見積り画面内で

OSのWindows10に付属記載がされてる製品が
対象製品なので要チェックですね。


■MinecraftバンドルPC詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea3025008/

■キャンペーン内容
対象バンドルPCの購入で
「Minecraft」スターター コレクションが付属

●プラスチック テクスチャ パック
●ヴィランズ スキン パック
●ギリシャ神話マッシュアップ パック
●スキン パック 1
●マーケットプレイスでスキン、テクスチャ、世界に利用できる Minecoin を追加で 700 枚獲得

対象製品の購入で「Minecraft」スターター コレクションが
バンドルなキャンペーン開催中ですね。

「Minecraft」スターター コレクションには
ゲーム内で使える様々な特典が付いてくるので

Minecraftに興味があるひとは
ゲーミングPC購入時のカスタマイズ・お見積り画面内で

OSのWindows10に付属記載がされてる製品が
対象製品なので要チェックですね。


■『ELDEN RING』推奨ゲーミングPC 購入特典詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea3025014/?intid=bnb00079d220303

■対象製品
G-Tune EP-A-6700XT
■購入特典
特大マウスパッド(w780mm×h300m)
※数量限定のため、無くなり次第終了
■応募方法
製品に同梱されたハガキよりご応募ください。

マウスさんにもELDEN RINGの
推奨パソコンさんが販売されてますね。

推奨モデル発売記念として対象モデルを購入すると
ELDEN RINGオリジナルマウスパッドが

もらえるキャンペーン中なので
推奨モデル購入予定のひとは
ついでにもらっときましょう( ;∀;)


■G-Tune ゲーミングヘッドセット詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/bto_customize/gaming_headset.aspx

マウスコンピューターさんではパソコン購入時の
カスタマイズでゲーミングヘッドセットも

追加できるようになってて単品で購入するより
カスタマイズで追加してパソコンとセットにした方が

お安くなっているので
ゲーミングヘッドセットの購入も考えてるひとは

ついでにカスタマイズで追加しとくのも
ありありですね( ;∀;)


■G-Tune ゲーミングヘッドセット先着プレゼント詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/bto_customize/gaming_headset.aspx

さりげなく対象製品のパソコン購入時に
先着で370名にゲーミングヘッドセットが

無料でもらえるキャンペーン開催中なので
対象パソコンの購入を検討しているひとは
もらっときましょう( ;∀;)


■旧モデルや訳あり品アウトレット
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea5010000/

工場在庫品とか生産過程で外観に傷がついたりと
訳あり品だけど価格が通常よりも

お得に設定されているアウトレット製品が
定期的にラインナップされているので

こちらも購入前に覗いていおいて
損はなしですね。(@0@)


Office 2019&2021 詳細ページ

パソコンショップのBTOパソコンさんは
基本的にOffice搭載モデルと記載されてない限りは

Officeソフトはインストールされていないので
Officeソフトが必要なひとは

カスタマイズでOfficeソフトを追加するか
Officeソフト搭載モデルを選びましょう。

現在はOffice2019とOffice2021が主流で
バージョンの違いで使えるアプリも違うので

Office購入の際はその辺の違いも
詳細ページから要確認ありありですね(@0@)


■DAIVシリーズCLIP STUDIO PAINT 動作確認済推奨PC詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea3032009/

■CLIP STUDIO PAINTが快適に動作するスペックの目安
・OS Windows 10 home
・CPU インテル® Core™ i5以上
・メモリ 8GB以上
・ストレージ SSD/M.2 SSD

マウスさんのクリエイター向けパソコン
DAIVシリーズには絵を描くのに便利なお絵描きソフト

CLIP STUDIO PAINT 動作確認済推奨PCが出てるので
迷ったら確認済みモデルもありありですね(@0@)


■パソコン送料詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/shopping_guide/delivery.aspx

■パソコン本体(デスクトップ・ノート共通)
〇送料手数料1台につき3,300円代引き1台につき +2,200円
■ディスプレイ
〇パソコンと同時購入の場合送料無料代引き1台につき +0円
■プリンター
〇パソコンと同時購入の場合送料無料代引き1台につき +0円

マウスコンピューターさんはパソコン買うと
送料が1台3300円で代引きにするとプラス2200円で
合計5500円掛かりますね。

パソコンモニターとかプリンターとか個別に購入すると
別途送料手数料が掛かるので

もし液晶モニターとかプリンターも購入予定なら
パソコン本体と一緒に購入した方が
手数料掛からずに余計な出費を抑えられるので

付属品購入の有無もパソコン購入時に検討しときましょう。

個人事業主も利用できる法人向けパソコンの送料手数料は
1台2200円と少し割安になっているので
詳細ページで確認しとくのありありですね(@0@)


■翌営業日出荷サービス詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/mcj_service/mcj_service_10.aspx

■サービス利用代
翌営業日出荷サービス 1台につき 2,200円

カスタマイズ画面から翌営業日出荷サービスが
利用できるようになってますね。

13時までの注文で翌営業日出荷が利用できるけど
もし出荷できなければ
5,000円分の商品券(Amazonギフト券)をサービス
みたいな感じでやっているので

早めにパソコンが必要な時に利用するのも
ありありでしょう(@0@)

翌営業日出荷を利用するための条件とかも
あるので利用する前には要確認ですね(@0@)


ディスプレイ延長保証詳細ページ

■基本保証期間
iiyama液晶ディスプレイ製品の基本保証期間:3年

■iiyama液晶ディスプレイ製品のユーザー登録で
製品の基本保証期間「3年」を2年延長して、「5年」に

マウスコンピューターさんの液晶ブランド
iiyama液晶ディスプレイの購入をすると保証期間が

通常3年になってるけど
iiyama液晶ディスプレイ製品のユーザー登録を
3か月以内に済ませとくと

保証期間が3年から5年に延ばしてもらえるので
パソコンと一緒に液晶モニターを購入したひとは

iiyama液晶ディスプレイ製品のユーザー登録を
忘れずに登録しときましょう。

保証延長の条件とかもあるので
内容のほうも要チェックですね(@0@)


■マウス浦和レッズオフィシャルパソコン詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/e/ea1070100/

マウスコンピューターと浦和レッズ共に
埼玉出身だからなのかコラボモデルの
モバイルノートパソコンさんがでてますね(@0@)

外箱もばりばり浦和レッズ仕様に
さらにノートパソコンの壁紙から天板にロゴまで

おまけに抽選でサイン入りオリジナルPCバッグが
当たったりと
とことん浦和レッズ仕様でやがります。

肝心の性能はモバイルノートパソコンで
地味に持ち運びも超余裕ながら
性能は超快適仕様なので浦和レッズファンじゃなくても
ありありな出来に仕上がってるのがロマンあるね( ;∀;)


■マウスコンピューター購入ガイド詳細ページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/shopping_guide/purchase.aspx

マウスコンピューターでBuild To Order
略してBTOでパソコンをカスタマイズして

注文から生産出荷までのひと通りの手順が
購入ガイドで確認出来るようになってるので

はじめてBTOパソコン購入を検討してるひとは
購入までの手順をここで確認してから
パソコン購入にすすむと注文がスムーズですね( ;∀;)

Advertisement