2016年2月モデルAeroStream RA7J-J64/XTスペック

ツクモ スペック
AeroStream RA7J-J64/XT
[Windows 10 搭載]

(2016年2月14日時点)
キャンペーン対象 3,000pt進呈



■インテル® Core™ i7-5820K プロセッサー
(6コア | HT対応 | 3.3GHz、TB時最大3.6GHz | 15 MB Intel® Smart Cache)
■NVIDIA® GeForce® GT 740
■PC4-17000 DDR4 16GB (4GBx4)
■1TB (SATAIII接続 / 6Gbps)
■DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込み対応)
■インテル® X99 Express ASUS X99-A (ATX)
■CWT製 550W (定格 500W) 80PLUS BRONZE対応
■Windows 10 Home (64ビット版)
■ご購入から1年(通常保証)
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。
※マウス・キーボードは別売りです。

AeroStream RA7J-J64/XT 現在価格


eX.computerオリジナル MicroATXミニタワーケース 本体詳細
■外形寸法:180(W)x406(D)x358(H)mm (本体のみ。突起物含まず)


ツクモさんのミニタワー採用

AeroStreamシリーズの

AeroStream RA7J-J64/XT さんです。

OSには最新のWindows 10がインストールされてます。

ちなみにOSはwin7やwin8.1とかOSなしまでと

カスタマイズで変更可能になってます(@0@)


快適度


CPUにはインテル第4世代のHaswell-E

6コア12スレッドの

インテル® Core™ i7-5820K プロセッサーを採用しているので
(ツクモさんCPU特集)
WEBのブラウジングから動画の再生まで、

作業に使ってもゲームで遊んでも

どがつく程の快適具合です( ;∀;)

普段使いでは使い切れないほどのハイスペック具合でしょう(@0@)

第3世代よりナイス進化した消費電力に

性能アップやDDR4のメモリ採用と進化具合がナイスすぎです(@0@)

搭載メモリは16GBにハードディスクの容量は1.0TBと

困らないほどハイスペックな環境になってやがります(@0@)

メモリやハードディスクもカスタマイズ変更可なので

もし予算に余裕があるならSSDを追加してHDDとの

ツインドライブ環境にすればOSの起動から

その他もろもろと驚くほど快適さが増すので

SSD追加もありありですね(@0@)


グラフィックボード


グラフィックボードには

NVIDIA® GeForce® GT 740を搭載していて
(ツクモさんグラフィックボード性能表)
CPU内蔵のグラフィックよりも性能が高いので

動画編集も快適だったり

軽いネットゲームなら遊べるスペックでしょう。


総評


予算を抑えつつも

インテル第4世代のHaswell-E搭載

ハイスペックパソコンを探してる方向けの

AeroStream RM7J-C64/T さんですね(@0@)

Core i7 を積んでる時点で

もはや超快適パソコン生活がおくれるロマンでやがります

マウスとキーボードはオプションなので

手元にない方は付け忘れに気をつけましょう(@0@)

AeroStream シリーズ ラインナップ&キャンペーン
AeroStream RA7J-J64/XT 現在価格

・関連記事 CPUの性能比較が分かりやすいナイスなサイトとは?
・関連記事 グラフィックボードの性能表ならこのサイトとは?